ログハウスに「ピュアモリス」と「モリスアーカイブ」を取付

ピュアモリスのカフェスタイル

ログハウスのカーテンコーディネート施工事例紹介

ボタニカルアートな雰囲気のウィリアム・モリス

ログハウスのリビングダイニングのカーテン、そのコーディネートご相談を受けました。
もともとチェック柄のカーテンをお探しでした。
店内で、一通りのテイストを説明したところ、「綿プリント柄もいいね!」となりました。

引っ越しまでお時間がありましたので、ショールームで生地をご覧頂くことをお勧め。
ショールームで、ボタニカルアートな雰囲気のウィリアム・モリスとピュアモリスコレクションを気に入って頂きました。
ピュアモリスは、今までのウィリアム・モリスの特徴である、多色使いのプリント生地とは違った、素材と刺繍にこだわった本質を追求して生み出された、新しいコレクションです。

何とかこのコレクション生地も取り入れたい様子を受け、
リビング腰窓にピュアモリス、ダイニング掃き出し窓にモリスアーカイブでコーディネートとなりました。

ダイニング腰窓に「ピュアモリス」でカフェスタイル

ピュアモリスのカフェスタイル
採用のピュアモリスは、刺繍をふんだんに使い表現した、ウィローボウデザイン生地
リネン生地に、葉はマット糸・枝の部分は光沢糸でステッチが施されています。
ログハウスの天然素材で囲まれた内装の「自然」と同じキーワードでうまく繋がって、しっくり馴染んでいます。

あIMG_8800IMG_8834
カフェスタイルで仕立て取付しています。外からの視線をあまり気にしないロケーションですのでこのスタイルで。

裁縫の心得があるお客様なので、「私が縫ってみます」とご自身による仕立てのものです。

リビング掃き出し窓に「モリスアーカイブ」

あIMG_8808
リビング掃き出し窓には、モリスアーカイブコレクションから、ケルムスコットツリーという生地

木立のデザインが美しく、お部屋に多色なボタニカルアートデザインが広がります。
この生地は、綿麻混の天然素材。光から透けた感じも素敵なのです。

アイアンレールブレイク
カーテン丈は、床より2㎝長く仕立てて、タッチングさせています。

レールは、ブラックのアイアンレールを2連で取り付けて、
内装の木質と融合させ、カーテンや横の薪ストーブとも相性がいい組み合わせです。


にほんブログ村