ダブルシェード片サイド切替、柄を間引きバランスを考慮

1IMG_9551

築10年のLD、カーテン&シェードの吊り替え施工事例紹介

今までは、黄色無地のカーテンと同生地シェードの組み合わせで、
明るくシンプルなイメージですが、無難で味気無さは否めませんでした。

今回、思い切って色とデザインを楽しむ方向での提案となり、
当店でお馴染みの、リーフデザインの綿プリントに目がとまりご採用頂きました。
リビング側に、小窓4連+北面に小窓2連と、ダイニング側には幅280cmの掃き出し窓があります。

掃き出し窓は、リーフ柄のデザインをはっきり見せたいので、ヒダを少なく生地の分量を減らしたフラット仕立てで、
小窓4連は、今までと同じダブルシェードスタイル、北面小窓2連はシングルシェードを納めました。
1IMG_9551

シェードは、片サイドにアイボリー色で切り替えをオススメしました。
さすがに4窓とも柄が出ると、うるさいイメージだったので、リーフ柄を間引き(3分の1)、バランスを考慮した為でした。

北面小窓2連は、リーフデザインの中の1色から、パープル色でシングルシェードで納めました。

1IMG_9547

1IMG_96681IMG_9669無題


にほんブログ村