リビング吹き抜けに「天幕カーテン」取付

IMG_9804

リビング吹き抜けに天幕カーテンを取付した施工事例紹介

リビングに170cm×170cm開口の吹き抜けがあります。
ちょうど隣家のベランダからリビングが見えてしまい、その視線対策と冷暖房効果も高めたいご要望でした。

開口部分を薄地で覆う「天幕カーテン」で解決出来るのでオススメしました。

天幕カーテンは、過去何度か納めています。

「寒さ対策」吹き抜け天幕&リビング階段カーテン
吹き抜けの寒さ対策に「天幕カーテン」取り付け

今回は、開口サイズが170cm×170cmなので、手動式のバトン操作で開閉する簡易タイプを採用して頂きました。
このタイプは、メーカーによってシステム化されたものではなく、部材を工夫調達して作った当店オリジナル仕様です。

IMG_9804

幕体を水平方向にスライドさせる「天幕カーテン」は、先頭ランナーが斜めにブレずに、スムーズな開閉が出来る事を念頭においています。
よってレールはTOSOの中型レール(一般的角形レールの1.5倍の大きさ)を使用しています。

IMG_9798

等間隔に空いた生地の輪にパイプを通し、両端にパイプランナーを使用して、レールに入れセットしていきます。
ランナーの滑車経が16mmと大きく、安定した走行が望めます。

先頭のパイプは、ロールスクリーンのウェイトバーを使用して、真ん中にハンドルを取り付けています。

IMG_9807

先頭パイプには、両端にヒートン金具を取り付けて、先頭マグネットランナーに掛けています。
IMG_9801

幕体の選定は、視線対策と吹き抜けからの明かりも確保したいご要望から、「採光拡散レース」をオススメしました。

これは、一般的薄地レースより、遮像性と採光性を併せ持っていて、
扁平状の特殊糸を用いて織り方を工夫することで、可能にしています。

IMG_9799

幕体を壁側に閉じた時のたたみ込み代は、ランナーの厚みなどで20cm程になります。

エレメントリスト

収め側:ニューバランス
可動部:TOSO中型レール、パイプランナー、マグネットランナー、プル-レポール、
先頭バー:ニチベイロールウェイトバー、メタルグリップ
幕体:スミノエD7527(採光拡散レース)
企画:鈴木幸生
施工:自社2名


にほんブログ村