防炎品は、燃える?燃えない?

火を付けるテスト

当店スタッフが、大手薬局の「お客様座談会」に行ってきた事を教えてくれました。

薬局が、各年代女性の購買意識を調査をする、ざっくばらな意見交換会で、
「基礎化粧品」が今回のテーマだった模様です。

印象的だったのが、
どの情報を優先して「基礎化粧品」を決めているかの質問です。

上の世代から、
カウンセリング美容部員
雑誌
お友達
試供品・・と順に回答され、

最後20代の女性参加者は、
YouTuberだったそうです。

スタッフもそれを聞いた私も、イマドキだなと思いました。

そこで娘達(20代)にもこの事を聞いてみると、
「一応見る。その人のメイクの仕方や使用道具、ビフォーアフターがわかるから」で、
参考の一部にしている。
でも娘の情報の一番は友人からとわかりました。

「基礎化粧品」で検索してみると、視聴回数100万回超のYouTuberの動画もたくさん

メイクをしながら商品や仕方を説明して、綺麗になっていく流れ
出し惜しみなく、説明がわかりやすい動画は人気が高い

数年前から認知されてきたYouTuberですが、
その存在はもっと高まっていく事になるだろう。


さて、マンションで調光ロールスクリーンの採寸と飲食店のシートカバーの打ち合わせをしてきました。

防炎の説明をさせて頂いたところ、防炎に対する認識違いを感じたましたので、その説明をします。

防炎の意味を「燃えないモノ」と思われている方がいらっしゃいましたが、
そうではなくて生地は燃えます。

火を近づけると、炎を少しあげ燃えます。
続けいくと、炭になっていくイメージ。

火を付けるテスト
展示会・防炎 (1)

防炎品は、火種に成らず延焼を遅らせるためのものと理解して下さい。


にほんブログ村