エステサロンに演出用カーテン取付

ソファとシャンデリア2

エステサロンのカーテン施工事例

ウェイティングルームを、カーテンで演出して欲しいご要望を頂きました。

5年前にも、施術ルームのカーテンを納めさせて頂いています。
その時の施工事例は→プライベートサロン

ウェイティングルームの南側は、隣の事務室と仕切られたスライドパネルがあります。

このスライドパネルを覆い、お部屋全体を演出する目的のカーテン。
そのカーテンコーディネートの紹介です。

画:打ち合わせ時の模様

ソファとシャンデリア2
オーナー様が用意した、中央に鎮座する大きなソファー、さらにスワロフスキーのシャンデリアは、クラシックで豪華なものです。

画:打ち合わせ時の模様

before2
カーテンは、スライドパネル幅2700×高2450をピッタリ覆うサイズで製作。
カーテンとレースの吊元が重なった一体縫製スタイルをご提案
(アンサンブルスタイルと呼んでいます)

開閉をするものでなく、この状態をキープして、お部屋全体を演出しています。

画:アフター ウェイティングルーム全景

全体
部屋側のレースは、中央が3分の1クロスさせた、クロスオーバースタイル
生地がたっぷり重なったクラシックなイメージです。

ソファを引き立てゲストを出迎えます

全体2
採用して頂いたレースは、ハリのある薄地タイプ
金属蒸着した光沢感も特徴的。
他の薄地レースとは比べ物にならない位い、ウェーブがキレイに作れます。

画:ウェーブを作ったレース

ウェーブ

吊り元は、カーテンとレースが重なった一体縫製、ギャザーヒダで仕立て
天井面にピッタリ付くように調整しています。

画:吊り元

吊り元
目線に入るタイバックは、大ぶりな房タイプ

タッセル

セッティングに少々時間を費やします。
束ねた時のプロポーションは、タッセル金具の取付け位置で変わります。
縫製指示図を元に、位置を確認

タイパックの結び目が、床から100㎝の所にくる位置に決定。(想定より10cm上に)
生地をたぐり寄せ、ヒダを整えセッティングしました。

画:タッセル金具の位置

タッセル位置
カーテン丈は、床に擦るように8㎝位タッチィングさせています。

画:裾の状態

タッチング1

今回もお世話になりましたサロンは、名古屋市緑区の閑静な住宅街にある 白い一軒家。
佐伯チズ認定ビューティシャンのエステサロン、
ルージュ・ド・ポルテ マシェリさんです。

画:HPより

マシェリ様HP
美肌師 佐伯チズ認定ビューティーシャンによる技術レベルの整ったサロン。
オフィシャルHPは、マシェリさん

今回も御用命頂き、ありがとうございました。


にほんブログ村