外付けロールスクリーンは、日陰の心地よさを実感できる

外付けロールスクリーン取付前

外付けロールスクリーンの施工事例紹介です。

新しい暑さ対策

昔にはなかった「酷暑日」などという用語が生まれるほど、年々過酷になっている日本の夏

夏の暑い日差しを、家の外で遮る「外付けロールスクリーン」は、

効率的に熱を遮断できて、
日陰を作り出すことで、心地よい風で涼しさが生まれる、そんな利点があります。

 

優れた遮熱性能と耐久性も兼ね備えた、夏の遮熱対策商品です。

 

顧客様から、
「前々からお願いしょうと思っていたのですが、暑さに耐えかねてねェ」と御用命を頂きました。

取り付けは外壁に付けます

本体をとめるブラケットを、外壁側から間柱に、しっかりネジ止めする必要があります。

在来軸組 ツーバイフォー工法ならほとんど窓両側に柱が位置しますので、

 

画:外付けロールスクリーン取付、ビフォー

外付けロールスクリーン取付前

 

画:外付けロールスクリーン取付の道具

道具

柱の探し方

室外から柱の位置を推定した上で、

室内側から「壁裏探知機」と「下地探し針」を使用して、位置確認を必ず行います。

 

画:「壁裏探知機」で柱位置を確認中

壁裏探知機

画:「下地探し針」で柱位置を確認中

下地探し針

位置が決まりましたらマークして、先ず4ミリのドリルを使い、下穴を空けます。

画:ドライバーを回し下穴を空ける

下穴空け

知り合いの建築会社さんに教えて頂いた、コーキング処理を施します。

ビス全体にコーキング剤をしっかり付けまして、

画:コーキング剤チューブにビスを突っ込む

コーキング

ビスをドライバーで回してブラケットを固定すると、コーキング剤が周りに染み出して、隙間を埋めます。

 

簡単にできるコーキング処理です。

画:簡単にコーキング処理をする方法

ビスもむ

画:ブラケット取付完了

ブラケット取付完了

画:本体の取付

本体を取付

画:本体の接写

本体を取付

ボトム側の固定

外付けロールスクリーンは、ノンストップ仕様なので、ボトムを固定する必要があります。

 

今回のボトムの固定方法は、ベルトをベランダの飾り穴に括り、

本体ボトム側とロック部品で繋ぎ、固定します

画:ホームセンターで購入した長尺ベルト

固定ベルト

オプションのベルトですと長さが足りなかったので、ホームセンターで購入した長尺ベルトを使い、ベランダの飾り穴に通して括りました。

そして、ロック部品の(凹)を取り付けます。

画:ベランダの飾り穴にベルトを括る、この作業に事前準備含め1時間

固定ベルト取付

本体のボトム側にも、ロック部品の(凸)を取り付けます。

画:本体ボトムに、ロック(凸)部品を取り付け

ボトムのベルト固定金具

取付作業が完了しました。

スクリーンを降ろしてボトムをベルトで固定しました。

 

画:「外付けロールスクリーン」取付完了

外付けロールスクリーン取り付け、日影ができた

 

さっそく、スクリーン生地が、日差しを反射・吸収して遮熱効果を発揮しています。

ベランダ部分に日陰をつくりました。

画:部屋から外の遮蔽具合

IMG_24921

採光と透視性に優れているのが、この「外付けロールスクリーン」の特長なのです。

画:部屋から外の遮蔽具合

IMG_24941

部屋の中から外景が見えて、適度に明るく、圧迫感を感じません

画:部屋から外の遮蔽具合

IMG_24951

繰り返しますが、スクリーン生地が、日差しを反射・吸収して遮熱効果を発揮しています。

日陰げ空間ができること・日射を外で遮る効果で、涼しさを実感できました。

画:「外付けロールスクリーン」は

涼しさハンパないって!!

IMG_25011


にほんブログ村