ウッドブラインド、自動下降は操作がラク!【動画あり】

beforeバーチカルブラインド

メカものの吊り替え施工事例紹介

14年前の新築時にカーテン一式を納めさせて頂いたお客様。リビングに付けたバーチカルブラインドが汚れてきました。
写真ではわかりにくいですが、ホコリやたばこのヤニが全体に付いて、汚れが気になってきたとの事でした。

画:beforeバーチカルブラインド

beforeバーチカルブラインド
今回は趣をかえて、ウッドブラインドにしたいご要望を受けました。ウッドブラインドの持つ自然な風合いや質感が落ち着くから、との事でした。

この窓は、2階リビングの掃き出し窓です。
打ち合わせの中で、べランダへ日に一回くらい出入りする事でしたので、ブラインドの上げ下げの操作が少しでもラクな仕様をおススメしました。

画:afterウッドブラインド

ウッドブラインドafter
6月に新発売された、ニチベイ製のクレールグランツタッチ(高遮蔽自動下降)を採用頂きました。
下降操作の時に、操作コードを引くと自動的にブラインド本体が降りてくる「タッチ」機能を装備しています。

これは、ブラインドを下げる操作が、大変ラクなのです!

あと、スラット(羽根)に昇降コード穴のない高遮蔽仕様「グランツ(商品名)」がありまして、光漏れが気にならなくなり、また見た目も美しいですよと説明したら、こちらも採用頂けました。

画:ウッドブラインド 羽根に昇降コード穴がないので高遮蔽

ウッドブラインドクレールグランツタッチ
羽根に穴がない事によって、意匠性を堪能することができる事と、閉じた時に羽根同士が密着して高遮蔽を実感できます!

グランツ

タッチ操作の動画を用意しました(10秒)。

ブラインドがワンタッチでゆっくり下降する様子をご覧いただけます。


にほんブログ村