吹き抜けが寒い 天幕カーテン 紐引き操作編②

天幕カーテン

季節柄、吹き抜け・リビング階段のあるお家から、寒さ対策のお問い合わせを多くいただきます。

いずれも、空気の対流(暖気が上階に逃げ、寒気が流れ込む)が起きているので、暖房効果が上がらない状態が多いのです。

その開口部分を、幕体(天幕やスクリーン)で塞げば、効果を得る事ができます。
どのような方法でしっかり塞ぐかがポイントになります。

吹き抜けの開口サイズが大きいケースのお問い合わせが続きました。
寒さでかなり悩んでいる様子でしたが、

幅350cm×奥行350cm程の吹き抜けのサイズとなると、設置面・方式面で考慮する点が増え、判断が必要となります。

バトン式(バトン棒を使って開閉)と固定式(2辺を固定)でしか取り付け出来なく、

費用を申し上げ、使い勝手と見栄え、費用、どちらを優先するかを、お客様に判断していただきます。

天幕カーテン 紐引き操作編の施工事例紹介

さて、リビングに吹き抜けがあるお家に、天幕カーテンを付けてきました。

吹き抜けの開口サイズが幅260cm×奥行370cm、2階ローカやフリースペースと繋がる開放感ある間取りです。

築10年、毎年冬夏の寒さ暑さで悩んでいました、とのことでした。

天幕カーテン

開口サイズが幅260cm×奥行370cmは、今までで一番大きいサイズとなります。

吹き抜け天幕

天幕カーテンの方式は、紐引き式を採用しています。

レール内に紐が通っていて、先頭にあるランナーに紐を結び、
それを引っ張って、幕体を走行させる仕組みとなっています。

紐は、両レール内と正面、床方向へと繋がっています。
吹き抜け天幕

操作は、床方向に張られた紐を、上下にスライドさせて天幕カーテンを開閉します。

開閉は、軽くて非常にスムースで、開口幅が200cmを超えるとこの方式をオススメしています。
最大製作幅は300cmとなります。

吹き抜け天幕
紐引きレール
レール取り付け側に、梁(右側)とペンダント照明やスピーカーがあって、その間をくぐるように取り付けています。

吹き抜けのカーテン
採寸時に取り付け可能と判断して臨んで、実際取り付け出来て、ホッとしました。

天幕カーテン取り付け

取り付けの注意点は、紐をレール内に真っ直ぐ通せるかが大切で、
紐の通りを把握して張るのですが、上での作業になると紐が簡単に絡まります。

熟練のレール職人さんと私とで行うのですが、毎回苦労しています。

販売店さんは、経験値のあるレール職人さんと共に、取り付けをした方が無難でしょう。

吹き抜けのカーテン
天幕カーテンを開閉させ、全部閉めると。
明るさをキープしています。

当店がオススメする天幕カーテンの生地は、採光拡散タイプなので、暗さや圧迫感も感じられません。
もちろん、風を通しにくい生地でもあります。

吹き抜けのカーテン

天幕カーテンを開けて納めると、このような状態になります。
先頭部・バー部分で50cm位のたたみ代になります。

吹き抜け天幕
取り付け後の雑談で、
「設置後の概ねの効果を数値で知りたいのでは(私はそうでした)」と述べていたお客様。

では、幕体開閉の室内温度の変化を、是非教えて下さいとお願いして、後にしてきました。