寝室のレース吊り替えは、吊り方に工夫を施す

IMG_21371

寝室のレースカーテンとレースシェードの劣化に伴い、その吊り替えのご要望を頂きました。

西窓に、ピーコックシェードというシェードが付いていました。
孔雀(くじゃく)の羽根をモチーフにした、ローマンシェードの一種で、

最近少なくなりましたが、2窓以上ある小窓などに、優雅な印象を生むスタイルです。

強い日差しがあたったせいか、コード類が多数ヶ所切れていました。

IMG_21371

今回の吊り替えでは

「もうシェードでないスタイルがイイなぁ」

「寝室で、まして小窓なので、開け閉めもしない」
との要望を受け、

ヒダを取った通常のスタイルをオススメ

そして今回は、吊り方に工夫を施しています。

IMG_21411

カーテンレールを新たに付けてフックで吊るのではなく、

既存シェードのレールをそのまま利用しました。

吊り元の裏にマジックテープ(メス)を縫い付け、シェードレールのマジックテープ(オス)に取り付けています。

IMG_21431

開け閉めはできないこととなりますが、

マジックテープをビリビリとめくれば、取り外しは非常に簡単
お洗濯もラクになります。

IMG_21441

見た目は、通常のカーテンレールに吊ったものと変わらない見栄えですよ。
IMG_21451

厚地シェードが今まで付いていまして、生地の汚れや劣化がありませんでしたが、
上げ下げに不具合が起きていました。

IMG_2146

コードの交換をすれば、その不具合が直ると判断させて頂き、修理をして納めました。

IMG_2147

15年前の新築時に付けたカーテンを、この度吊り替えて頂きました。

提案では、使い勝手と装飾の兼ね合いを、蓄積したノウハウで応える!をこころがけています。

今回も、提案を受け入れてくださり感謝します。