シェードのボトムにトリムを縫い付けると、表情が一層豊かになる!

IMG_43761

プレーンシェードの施工事例紹介です。

2階リビングの東小窓にプレーンシェードを取付けました。

半年前にカーテン一式を納入させて頂き、取り付けてない窓の追加の御用命となりました。

納めてある南窓との繋がりを考え、
南窓のカーテン(バック吊り)と同じ生地を使用した、プレーンシェードをご提案しました。

IMG_43761
そして、
シャンタン地のプレーンシェードは、単なる幕でさみしい印象になりがちなので、

表情をプラスさせるために、
ボトムにトリムを縫い付けたスタイルをオススメしました。

IMG_43751

実際に取り付けると、

ボトム端から垂れたトリムが際立って見え、

また、
上部にたくしあげれば、上飾りのような印象になります。

端部にトリムを施すだけで、窓の表情が一層豊かになります!

画:半年前に納めた南掃き出し窓

IMG_43781
花柄のオパールレースの後ろに、同生地のシャンタン地が吊られています。

画:追加の東小窓と南掃き出し窓

IMG_43821

画:2階リビングのスペース

IMG_43831

エレメントリスト
シェード:FA2140‐03(フジエテキスタイル)+裏地FA2290・BE(フジエテキスタイル)
トリム :アリス1541(マナテックス)
レース :FA1670BR(フジエテキスタイル)