スクリーンが掛け軸に触れないようにロールスクリーンを付ける

IMG_54121

キャッシュレス消費者還元事業が始まって2ヶ月が経ちました。
当店もキャッシュレスでの支払いが増えてきています。

先日、予想以上の利用で1500億円の予算追加という報道がありました。

チャンネル登録してる経営コンサルユーチューバーの動画によると、

当初の利用出来る加盟店舗数を、経産省が200万店と予想されていたのに、実際90万店しか登録されてなくて、
それなのに予想以上の使用で予算が足りない状況。

その理由は、大半がコンビニと大手スーパーマーケットでのキャッシュレス支払いで利用されていて、還元の85%も占めているらしい。
還元率2%なのに。

そもそも中小・小規模店向け増税後景気対策のはずが、大半が大手の店舗で利用され、対策になっていないとの解説だった。

それを知って、
中小・小規模店はもっともっとPR宣伝しなきゃと思った。

そこで、のぼりをもう3枚追加注文して、対象店であるアピールをする事にしました。

さて、
和室の床の間に、ロールスクリーンを取り付けてきました。

床の間に、所有している掛け軸を頻繁に取り替える方で、

大切な掛け軸を、日差しや照明による焼けから少しでも守りたいご要望で、ロールスクリーンを付けることにしました。

来客時や必要時には、直ちにスクリーンを上げます。

現場調べをすると、取り付けにおいて考慮する点が2つ出てきました。

・天井近くの木枠の正面に取り付ける(下地がそこしかない)
・スクリーンが掛け軸に触れないように付ける。

IMG_54121

これをクリアするために、
木枠正面の上限に付けて、オプション仕様であるロールスクリーンを逆巻で製作しました。

オプションの逆巻仕様とは、下図のような納まり方をいいます。

逆巻仕様

逆巻き仕様

通常巻き

標準仕様

通常の逆、手前側からスクリーンが巻かれるので、壁とスクリーンの間にスペース生まれます。
スクリーンが掛け軸に触れないように、上げ下げできるようになります。

逆巻仕様は、オプションといっても標準のものとお値段は変わりません。

IMG_5414

ロールスクリーンのブラケットが木枠の正面に納まり、本体にはめこむ事ができるか?など、不安要素がありました。

上限を狙うので、本体と天井面のスペースが無くなります。
はめ込み不可能な場合を想定して、補助金具使用を考慮しました。
しかし、ちょうどすっぽり納まることが出来て、取付を完了しました。

掛け軸を掛けるフックとも干渉しなくて良かったです。

IMG_5415

IMG_5416

IMG_5417

当店はキャッシュレス還元事業の対象店です。
キャッシュレス