台形出窓とボウウィンドウのスタイルカーテン

出窓は、スタイルカーテンやバルーンシェードをよく付けた

20年以上前には、新築に当たり前にあった出窓、必ず1窓はあったように思う。

出窓は、屋内外から目立つ存在で、デザイン性のあるレースカーテンをよく付けました。

レースカーテンの裾が型どられ、そこにフリルやトリムを付けた、スタイルカーテン
昇降コードで裾をたくし上げ、ラウンド型にスタイルする、バルーンシェード

などがありました。

それらの吊り替えのお仕事は、今でも一定数あります。

バルーンシェードからスタイルカーテンへ

今回は、台形出窓とボウウィンドウ窓の2箇所を吊り替えをしました。

いずれも、今までバルーンシェードを取り付けていましたが、スタイルカーテンへ変更しております。

それは、バルーンシェードは生地のたわみがエレガントさを増すスタイルですが、
洗濯時に、生地裏にある昇降コードの取り外しに、手間がかかる。

一方スタイルカーテンには、昇降コードが無いので、取り外しが楽よね!という面があります。

今回、メンテナンス性を優先しました。

既存のバルーンシェードのレールを使う

既存のバルーンシェードのレールをそのまま使い、吊り元にマジックテープを付けた縫製にすれば

  • レールを付け替えしなくて済む
  • 取り外しも楽になる

メリットがありますので、オススメさせて頂きました。

台形出窓の施工事例の紹介

今まで付いていた、バルーンシェードの生地を取り外して、レールはそのまま使います。

画:既存の台形型バルーンシェードのレール

3連出窓シェードレール
今回のスタイルカーテンは、通常の吊り元にフックを差し込むのではなく、
吊り元裏側の最上部に、マジックテープを縫い付けました。

画:スタイルカーテンの吊り元の裏側にマジックテープ付き

吊り元マジックテープ
取り付けは、レール側面のマジックテープ(オス側)に押し付けて、密着させれば取り付けは簡単です。

画:スタイルカーテンの吊り元マジックテープ仕様の取付

レールとマジックテープ

数分もあれば、きれいに付ける事ができます。
吊り元

取り付けが完了した全体の模様です。
スタイルカーテンW型

スタイルカーテンのスカラップW型と呼んでいるスタイル

4つのウェーブの裾が棚近くまで型どられ、4均等割り付けにしたスタイル

スカラップとは裾のウェーブが貝殻の形に似てるから

他に、M型といって、中央が空いている型。S型といって、その変形の型などがあります。

スタイルカーテンW型

フリル幅を15cm、ウェーブのくびれは全丈の15%としています。
これらはおまかせ頂いたので、一般的な仕様で、我々の加工所で縫製しています。

ボウウィンドウ窓の施工事例の紹介

ボウウィンドウ窓も、今まで付いていた、バルーンシェードの生地を取り外して、レールはそのまま使います。
3連ボウウィンドウシェードレール
このスタイルカーテンは、吊り元をギャザーひだを使います。
裏側がマジックテープにもなっている特殊なタイプを縫い付けました。
吊り元ギャザーヒダ
ギャザーの幅が9cmで装飾性があります。

ギャザーヒダ
この窓は、バルーンシェードの生地のたわみが欲しいなぁ!というご要望を頂いていました。

昇降はまったくしない!という事でしたので、
それなら生地裏のリングテープをリングで止めた「バルーンシェードもどき」を付けることになりました。

タックアップ

要は、バルーンシェードの縫製で、昇降コードを使わず、リングで留めてたくしあげています。

画:ボウウィンドウにバルーンシェードもどき

バルーンタックアップ

操作チェーンによる昇降はできませんが、生地裏のリングの留める位置を変えれば、今より上部にたくし上げる事ができます。

以上、台形出窓の、バルーンシェードから「スタイルカーテン・スカラップW型」
ボウウィンドウ窓の、バルーンシェードから「バルーンシェードもどき」の施工事例紹介でした。
 

 

当店はキャッシュレス還元事業の対象店です。

キャッシュレス