リビング空間に、電動ハニカムスクリーン6台設置

新築リビング空間の窓回りに、電動ハニカムスクリーンを設置しました。

リビングには、掃き出し2窓 縦長2窓 腰高2窓の計6窓あります。

 

周囲からの視線と光のコントロール、シアターシーン対応のご要望があり、

電動ハニカムスクリーン(ノーマン製)を、採用して頂きました。

 

電動ハニカムスクリーン6台取付・ノーマン製電動ハニカムスクリーン6台取付・ノーマン製

掃き出し2窓と腰高2窓は、電動ツインタイプ(レース+遮光)
電動ハニカムスクリーン6台取付・ノーマン製

正面の縦長窓2窓は、
サッシ側に手動シングルタイプコードレス(レース)
部屋側に電動シングルタイプ(遮光)を取付ました。

電動ハニカムスクリーン6台取付・ノーマン製

当初、縦長窓2窓は、電動ツインタイプ予定でしたが、製作可能幅が797㎜以上のため、縦長窓の窓枠内サイズでは製作不可でした。

窓枠奥行90㎜スペースに前後2台設置します。
コードの収納や網戸との干渉などありましたが、なんとかギリギリ納める事ができました。

電動ハニカムスクリーン6台取付・ノーマン製
電動商品は、コンセントと配線の仕方が気になるところです。

今回、建築段階からお話しが出来ましたので、コンセントの増設と、その位置も左右角に指定させて頂きました。
ノーマン社は、専用アダプターをコンセントに差込む仕様になっています。

この専用アダプターが40㎜×70㎜あり目立つのです。

ノーマン専用アダプター

出来るだけ目立たないように、差し込み方を工夫して、
また、露出するコードを配線カバーで隠しました。

電動ハニカムスクリーン配線

コードの長さが標準で1500㎜あり、かなり余ってしまいます。

ヘッドレール裏面に配線カバー(大)を付け、その中にコードを収納して、スッキリさせました。

電動ハニカムスクリーン配線

 

リモコンに各商品をチャンネル登録すれば、対応して動きます。

⓪→一斉
①②→掃き出し窓
③④→縦長窓
⑤⑥→腰高窓

今回は、以上の番号に割り振りしてあります。

リモコン

リモコンはRF無線を採用しています。

無線は放射状に放たれるので、
6台のハニカムスクリーンに感度よく受信、すこぶる良い反応をします。

 

ツイン電動のスクリーンの操作は、シングル電動と違う動きをします。

全開の状態から、リモコンの∨(ダウン)ボタンを押すと、

ミッドレールとボトムレールが下がり始め、一番下まで下がりきるとボトムレールが停止し、ミッドレールが上がり始め窓を完全に遮光するまで動きます。

リモコンの∧(アップ)ボタンを押すと、

ミッドレールが下がり始め、一番下まで下がりきると、ミッドレールとボトムレールが同時に上がり、全開状態まで動きます。

動画も用意しました。ご覧ください。

 

設置してから数日後、お客様から

「電動すごくイイ! 」
「このくらいの窓数あると、一斉操作はほんとに便利」
「朝忙しい時に助かるよ」

との感想を頂きました。

「もっとPRして行って!」ともおっしゃってくださいました。

今後も電動商品に力を入れていこうと思います。