モリスの壁紙を別用途で使用

ウイリアムモリス壁紙

名古屋松坂屋美術館で開催された「ウィリアム・モリスと英国の壁紙展」の展示会をご覧になったお客様から、

モリス生地を使ったシェードとのれん、壁紙の御用命を頂きました。

展示会をご覧になり、その魅力を感じたご様子で、
お家の中に、モリスのデザインをさりげなく取り入れたくて、ご相談を受けました。

今付いているカーテンは気に入っているので、

何もついていない階段の窓に「シェード」 ローカと部屋の間に「のれん」
そして「壁紙」をキャビネットに貼ることになりました。

壁紙はキャビネットの棚背面に貼ると、モリスデザインが楽しめますよ!
と提案したら、

「壁紙を壁以外に貼る発想は、全然無かった」
「楽しそうだから、やってみて」

と快く受け入れて下さいました。

モリス人気のデザイン「ブラックトーン」の壁紙を貼ることになりました。

ウイリアムモリス壁紙

重厚感あるキャビネットに、「ブラックトーン」のモスグリーン色との相性が合いました。

ウィリアムモリス壁紙

モリスの壁紙は紙製なので、
四辺に両面テープで付けただけですが、すぐに背面に馴染み貼ることができます。

日本で流通しているほとんどの壁紙は塩ビ製ですが、それとは印象が一味違います。

質感や色柄がきれいに表現されます。

また別用途の例として紹介しますと、本の表紙にも貼っても楽しいです。

同じ紙同士なので、でんぷん糊できれいに貼りあがります。

無地だったアルバムの表紙に、モリス「ブラックトーン」の壁紙を貼れば、
このように楽しめます。

IMG_10541

店内のキャビネットにモリス「ブラックトーン」の壁紙を貼った例もご紹介します。

キャビネットにモリスデザインが見事に加わり、このように見違えるものとなりました。
IMG_10571

別の施工させて頂いた「シェード」と「のれん」は、写真が撮れませんでした。
これらは、モリスデザイン「ウィローボウ」で納めさせて頂きました。