高窓の取付に使うハシゴと脚立

テレワークで家に居る時間が長くなり、
今まで気にしなかった高窓の対策や、

最近寒くなってきたせいか、
吹き抜けの寒さ対策に「天幕カーテン」の問い合わせを数件いただきました。

これらの高所につける商品の取り付けも、
提案からアウターまで、自店で行っています。

取り付けを、
他の業者やメーカーに任せること無く、
自前主義でやっています。

取り付けに必要となる足場は、
専用の「ハシゴや長脚立」をいくつか保有しています。

この度、バックヤードを掃除する機会がありまして、

そこに置いてある「ハシゴや長脚立」を一度出してみました。

高窓取付用ハシゴと脚立

ハシゴ(短縮3.5m~最大5.9m)2脚

ハシゴ(短縮2.3m~最大4m)1脚

長脚立7尺(有効高さ6段1.8m)1脚

以上を、
高所の取り付け用に保有しています。

大きな窓や電動商品の取り付けに必要な足場、
「ローリングタワー」は持っていません。

過去に、この足場が必要な取付がありまして、
その時はメーカーに足場と取り付けも含めて、お願いしました。

「ローリングタワー」が必要な取り付けが増えれば、購入を考えたいと思っています。

今のところ、
幅1間(180cm)以下の高窓の取り付けが多い、

梁がある、吊り照明が垂れているなど
障害物があって、タワーが組めない取り付けケースも多いなど、

保有のハシゴを駆使して、取り付けを完遂しています。

高窓取付ヘルメット

高窓の取り付け作業に関しまして、

「作業床の高さ2m以上を足場とする」措置改正(2015年7月施工)があり、

作業従事者向けの研修を、3年前に受けました。

その時のブログ
足場の組み立て等特別教育

高所作業(作業床の高さ2m以上)は、

受講終了者に配られたシール付きヘルメットを被り、

ハシゴや脚立を使った高所作業を、行うようにしています。