無地カーテンのウェーブスタイルはトレンドのスタイル

縫製所さんと話していたら、フラットカーテンの縫製が増えてきている様です。

フラットカーテンとは、吊元のヒダを作らずフラットに仕立てる縫製のこと。

今までは、大柄デザインのカーテンで、柄をきれいに見せるために提案していましたが、

最近は、無地のカーテンでもこの縫製が増えています。

 

カーテンの売れ筋が、柄から無地へ移行している事や、

フラットカーテンで、均一なウェーブを作れるレールが登場したので、

無地のカーテンでも、モダンで洗練された印象をつくる事ができるようになったから、と推測。

特に、大開口窓にその魅力が出ます。

 

ウェーブスタイルの解説

フラットカーテンで、均一なウェーブを作るには、以下の3点の構成が必要とされます。

①専用レール:ランナーの間隔を一定に保つコード付き

②ウェーブスタイル縫製:ヒダ率と仕上がり幅を計算したフックの数・間隔、

③形状安定加工:ウェーブをキレイに保つ加工

ウェーブスタイルと呼んでいます。

 

店内展示品で紹介

①:シエロミニ天付けウェーブスタイル用(TOSO製)
フラットカーテン

②:フラットテープとフック間隔
フラットカーテン

③形状安定加工  
フラットカーテン

 

縫製は、フラットカーテンと同じですが、

レール長とヒダ率を決め、フック間隔と仕上がり幅を指示して、形状安定加工も施します。

展示品は、フック間隔12㎝、仕上がり幅132㎝、ウェーブ(山6個+谷5個)
フラットカーテンレール長88㎝に対し、仕上がり幅1.5倍の状態です。
フラットカーテン

 

フック間隔を変えて、ヒダ率を変えた状態も紹介

フック間隔14.5㎝、仕上がり幅132㎝、ウェーブ(山5個+谷4個)
フラットカーテンレール長72㎝に対し、仕上がり幅1.8倍の状態です。

ウェーブスタイルの魅力

ウェーブスタイルは、
吊元はスッキリした印象で仕上がり、カーテン全体が均一で美しいウェーブを作ります。

カーテンを開け閉めしてもウェーブは不揃いになりません。

ウェーブスタイル引用:サイレントグリスホームページより

ウェーブの山谷の状態が、吊元から裾まで均一保たれるウェーブスタイルは、

従来のヒダを作るレギュラー縫製とは違って、無地のカーテンでも、モダンで洗練された印象をつくります。

無地カーテンのウェーブスタイルは、トレンドのスタイルと言えます!