寒さ・光漏れ対策と美観効果があるリターン付きカーテン

リターン付きカーテン

夜のウォーキングに防寒ブルゾンの出番がやってきました。

さて、冬に窓際に居ると、窓からは熱が逃げて寒い、すきま風が入って何かスースーするという事はないでしょうか。

窓は壁より外気が直接あたり、熱・風の流出入が多いところだからです。

そこでカーテンを上手に活用して、

対策する方法「リターン付きカーテン」を紹介します。

リターン付きカーテンとは

それは、カーテンのサイドを長く(10cm程)作り、壁側まで覆うように掛ける事です。

リターン付きカーテン

これによって、暖房熱を逃がさない、冷気を入れない事につながります。

効果の程は

窓から逃げる熱量が、5%改善されたというデータもメーカーから出ています。

下の画像は、
窓側のレールのキャップに金具を追加。

リターン金具といって、そこにカーテンフックを掛けます。
リターン金具

築40年の家のカーテンとレールの吊り替えに行ってきました。
40年前のサッシは、断熱性が今ほど無く、窓際が寒く、冷気が入ってスースーしていました。
リターン付きカーテン

リターン付きカーテンで両サイドを覆い、寒さ対策を講じる事が出来ました。

他の効果は

さらに、窓サイドからの光漏れを防ぎ、また外からの視線も遮ります。

暗くしようとか、日を遮ろうとカーテンしっかり締めても、窓サイドから入ってくる微妙な光。
正面は遮っていても、斜めから視線。これらの対策にもなります。リターン付き

もう一つ、レースや窓枠などの裏方を隠して、すっきり見える美観の効果もあるのです。

後ろのレースがサイドから見え、覗いたりするのを防ぎます。
美しくカーテンを施す事において、大切な要素でもあります。

 

レール上部を塞ぐと、さらに効果アップが期待できる、

「カバートップ」も紹介

窓の全体を覆う意味で、カーテンレール上部も塞ぐと、さらに冷気の侵入や光漏れをふせぐことになります。
カバートップ
窓から逃げる熱量が、12%改善され、リターン付きと併用で、19%の改善するデータもあります。

このカバートップは、5年ほど前から提案や販売をしていますが、
簡単にできる寒さ・光漏れ対策になるので、今一度ご案内させて頂きました。

最後に、施工事例の吊り替えのドレープ&レース 掃き出し側を紹介します。
リターン付きカーテン
クラシックにまとめたドレープ&レースの組み合わせです。

エレメントリスト
ドレープ:マリーイザベルジャガード 川島セルコン
レース :マクラメ刺繍 アスワン
レール :レガードダブル TOSO