カーテン裏地付きの利点とは

カーテン裏地付きを取り付けました。

築70年のお家のリフォームに伴い、カーテンの吊り替えを行いました。

廊下と個室の内装は、土壁と無垢床で、しっかりした質感で纏められていて、天素材の豊かな印象。

その窓に、ジャガード織りの重厚感のあるカーテンを気に入って下さり、採用して頂いています。

カーテン裏地付き

裏地としてシャンタン地を足した「裏地付き」仕様を、推奨しました。

カーテン裏地付きカーテン裏地付き

カーテン裏地付きの利点とは

・生地の劣化防止

裏地によって、カーテン生地を保護することで、紫外線や熱による色褪せや劣化防止に繋がる
裏地付きカーテン

・断熱効果

生地と生地の重なりに空気層が生まれ、熱伝導を妨げ、暖房効果が得られる
裏地付きカーテン

・装飾性アップ

カーテンを束ね時に、豊かなボリューム感が生まれ、閉じた時の均一で整ったウェーブが生まれる

裏地付きカーテン

カーテン裏地付き以上3点が、カーテン生地に、裏地を付けた時の利点

 

カーテンに裏地を付ける事は、ボリューム感が豊かになり、グレードを高めてくれます。


にほんブログ村


*こちらの記事もおすすめです*