房掛けの取付位置(マンション編) 

通常カーテンには開けて束ねるときに使うバンド(タッセル)があります。

そのタッセルを掛けるための器具のことを、房掛けと呼びます。
房掛け

その房掛けの取付位置は、見た目に影響するので注意が必要です。

今回は、マンション(RC構造)掃き出し窓の房掛け取付を、事例を通して書きます。

房掛けの取付位置

カーテンを束ねたときの見た目の注意点として、

バランスが取れてたプロポーションが大切です。

これらを考慮した房掛けの位置決めをします。

位置決めの基準は、以下の2点です。

  • レール端の鉛直線
  • 床上100~90cm

房掛け

戸建住宅の窓周り構造は、柱・窓台・まぐさといったネジの効く木材で囲まれていますが、
マンションなどは、GLボンドによって石膏ボードを貼り付けているので、窓まわりには、ビスの効く下地がありません。
GL工法断面図

石膏ボードにビスを利かすには

窓まわりに下地が無い場合に用意するものは、

  • アンカー
  • 千枚通し(下穴開け用)

を使用して、房掛けを取り付けます。
アンカーと千枚通し

今日の取付で紹介します。

取付位置の採寸

・レール端の採寸
窓枠外14㎝の寸法でした。
レール端の採寸

レール端鉛直14㎝&床上100~90cmに、

取り付け位置(ビス位置)をマークします。
マーク

・千枚通しでビスの下穴を開ける

※注意 下穴は大きく開けすぎないように
千枚通し

・アンカーを石膏ボードに打ち込む

アンカーを打ち込む

・房掛け取付・ビスをドライバーで締める

ビスをドライバーで締める
アンカー先端が引寄せられ、だんご状になり固定されます。

房掛け取付断面図

※注意 アンカーが空回りしないように、ゆっくり締めていきます。

・タッセルを掛ける
タッセルを掛ける
・カーテンを束ねてセッティング
セッティング

房掛けがレール端の鉛直に取り付けた事で、
カーテンの外端が垂直に近く(内側に引っ張りが少ない)、プロポーションよく束ねられました。
プロポーション

おわりに

  • 使用したボードアンカー→トリカT‐5(外径5全長31)ボードアンカー・トリカT‐5
  • 木枠に取り付けを希望させる方もいます。ボードへアンカー打ちは、確認が必要です

 

当店はキャッシュレス還元事業の対象店です。

キャッシュレス