フィッティングルームのカーテンはドレスのような仕立て

フィッティングルームのカーテンを取り付けました。

以前、レストランウェディングのホールのカーテン(上部アーチカーテン)を納入頂いたお客様から、追加のご用命です。

その時の事例紹介は↓
ウェディングホール&カフェのカーテン

フィッティングルームのカーテンはドレスのような仕立て

概要:レストランウェディングのフィッティングルーム、そのカーテンとレールが古くなり新調

内容:フィッティングルームのカーテンを、ドレスのような仕立てで、カーブレールを設置して取り付け。

縫製仕様:薄地オパールデザインシアーと厚地を重ねたアンサンブル仕立て、裾にボイルフリルを施しました。

ご要望:既存のカーテンとレールを全交換して、ウェディングのフィッティングルームとして、
華やかで晴れに日にふさわしくものをお探しの様子でした。

そして、お店の全体の雰囲気であるフレンチアンティークにも合うスタイル。

打合せ:生地とデザイン選びは、店内サンプルをご覧になり対話を通して決めていきました。

採用頂いたのは、
気に入れられた薄地オパールデザインシアー。

スタイルは、厚地を合わせたアンサンブル仕立て。

生地が重なるアンサンブル仕立てによって、色デザインや風合いを美しく表現することになります。

シアーの裾にボイルフリルを施しました。

これは、天井高(300㎝)に、シアーの生地幅(295㎝ヨコ使い)が足りず、

フリルで寸法を足す方法をとっています。
ひとつのデザインとして提案しています。
ドレス仕様のカーテン

設置場所はフィッティングルームの南東スペース
幅3300カーブ×高3000のサイズ

片開きで仕立てています。

ドレス仕様のカーテン

裏の厚地生地は、フジエテキスタイルPROFILE収録のウスライという生地を採用。
非常に滑らかなウェーブ性と光沢感があって、よく提案させて頂いています。

フィッティングスペース側が生地表面になるように仕立てています。

シアーカーテンは、桜をモチーフしたオパールデザイン

所々にラメの顔料プリントが散りばめられています。
サンゲツ(イタリア製)

華やかで晴れに日にふさわしい生地です。

ドレス仕様のカーテン

生地が重さなる事によって、
桜のデザインが浮き上がり、色味や風合いも美しく見えています。

ドレス仕様のカーテン
カーテン丈は、床に10㎝タッティングさせています。

裾のボイルフリルのフリル幅と、このタッチィングの長さは、
話の流れで「プロがイイと思う長さで!」とお任せされることが多い。

今回もお任せいただいてから、縮尺図を描いて頭の中でぐるぐる想像して、決めさせていただいています。

ドレス仕様のカーテン