ブラインド遮熱スラット サーモカメラ

アルミブラインドの吊り替えをさせて頂きました。

お部屋のリフォームに伴い、既存のアルミブラインドの経年劣化が気になり、ご相談くださいました。

既存品は、20年経過していて、
スラット(羽根)の回転操作が重く、全体の汚れ(経年の黒ずみ)も目立っていました。

既存のブラインド
ブラインド

設置する窓は、
道路に面していて遮るモノが無いロケーションでした。
夏の西日がキツく、暑さに悩んでいる様子です。

このような窓へのアルミブラインドの提案は、

「遮熱効果のある遮熱スラットを選ぶと、夏の暑さを軽減→冷房効果を得られる。しかも、ベーシックスラットと同価格」

と説明すると、

「ではこの遮熱スラットで!」
と採用して下さいます。

採用品は、
セレーノフィット25・V1229(オパールグリーン・遮熱)

そして本日取付させて頂きました。

 

遮熱スラット
ブラインド遮熱スラット

遮熱スラットとは、
スラットに塗布する塗料に、熱を反射するタイプを使用しています。

夏の強い日差しを反射し、熱の流入を軽減します。

ブラインド遮熱スラット

実際の効果はどれ程なのかを、サーモカメラを使い、

熱画像及び表面温度の測定をしてみました。

サーモカメラ

2021年8月6日(10:00)撮影

既存のベーシックスラットの熱画像及び表面温度
ブラインドサーモカメラ表面温度は36.1度(中央位置)となっています。

 

遮熱スラットの熱画像及び表面温度
(取付30分後)

ブラインド遮熱スラットサーモカメラこちらの表面温度は35.0度(中央位置)

表面温度は、
遮熱スラットの方が-1.1度とわずかですが低くなっています。

西日が差し込む時間帯の場合には、どうなっていたか。

おそらく、表面温度の差は、もっと出てくるのではないかと思います。

ブラインド遮熱スラット


*こちらの記事もおすすめです*