ロールスクリーンを外出先から操作する

電動商品の店内展示に、赤外線仕様の
ロールスクリーンとバーチカルブラインドを追加しました。

赤外線リモコンで動く商品は、
スマート家電リモコンを使用すれば、

IOT化で出来る事の一つ
「モノを遠隔で操作する」が、
簡単にできます。

既存の展示品も含め、
スマート家電リモコンと連携させ、スマホで操作を出来るようにしてみました。

その大枠の手順を紹介します。

今回連携させた商品は、
電動ロールスクリーン
/サイレント電動マルチIR・ニチベイ製

電動バーチカルブラインド
/アルペジオ・ニチベイ製

電動ロールスクリーン
/マイテックAT・TOSO製

電動ブラインド
/ホームタコス・タチカワ製

スマホで操作させるには、スマート家電リモコンが必要です。

いろんな種類が出ていますが、RS-WFIREX4・ラトック製を選定しました。
(アマゾンで5,900円で購入)

非常に小型で、スマートスピーカーとも連携出来て、温湿度・明暗センサーも搭載。

家電商品のデータ登録350種以上で、
インテリアメーカーのニチベイ・TOSO・タチカワの電動商品データも入っています。

スマート家電リモコンRS-WFIREX4

設定は、アプリを起動して、セットアップガイドに従っていきます。

連携をするのに、それぞれの設定条件に合っていないとダメで、

最初のWi-Fi接続先を2.4GHZに指定ができなくて、
私は、ここでつまずき時間を要してしまいました。

一度電源を切り、初めから設定をし直して、やっと指定出来ました。

スマホ→Wi-Fi→スマート家電リモコンが連携できれば、

家電製品の登録します。

このアプリでは、「電動カーテン」カテゴリーに入っていました。

スマート家電リモコンRS-WFIREX4

ニチベイを選べば、下記のモデルが登録ができます。

ここでバーチカルブラインドの登録データが入っていないことが発覚。

スマート家電リモコンRS-WFIREX4

タチカワを選べば、下記のモデルが登録できます。

スマート家電リモコンRS-WFIREX4

トーソーを選べば、下記のモデルが登録できます。

それぞれのインテリア用品に名前を付けて、アプリに登録

スマート家電リモコンRS-WFIREX4

バーチカルブラインドの登録はしておいて、
設定はいろいろ探索中です。

家外有効の設定をしておけば、スマホがクラウドでも繋がり、
外出先から遠隔の操作ができます。

車での移動先で、操作を試したら、
「ロールスクリーンが下がりました!」と連絡を受け、

ちょっと嬉しい気分になりました。

スマート家電リモコンRS-WFIREX4

スマート家電リモコンと連携させた、展示中の電動商品

電動ロールスクリーン
サイレントソフィー・ニチベイ製 エフォートBC遮光1級
サイレント電動式マルチIR仕様

電動バーチカルブラインド
アルペジオ・ニチベイ製 ストラ遮熱
アルペジオ電動

電動横型ブラインド
ホームタコス・タチカワ製
ホームタコス

電動ロールスクリーン
マイテックAT・TOSO製

専用リモコンでも操作できるようにしています。

写真は、
ロールスクリーン/サイレント電動マルチIR・ニチベイ製と、
電動バーチカルブラインド/ニチベイ製

2台を登録した赤外線リモコンです。

リモコン

スマート家電リモコンは、4m程離れた壁に掛けています。

赤外線送信は、全方向に見通し30mと記載通り、

商品への反応は良好のようです。

スマート家電リモコンRS-WFIREX4

追記2020年2月17日

このスマート家電リモコンの設定方法の問い合わせが、
インテリアメーカー側にも、非常に多いようで、

タチカワブラインが、販売店向けメールマガジン
「T-one web(トーンウェブ)」に動画が用意されていました。

分かり易くまとめられています。

動画でよく分かる!
『スマートインテリアシェード ホームタコス』をIoT家電として使おう!

製品をスマートスピーカーで音声操作する設定